読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーディオとスマホ,ガジェットのブログ 〜音ガジェ〜

オーディオ全般、音楽情報、スマホ、ガジェットのレビューや私個人の写真日記など多岐にわたり気ままに更新していきます♪

Welcome to 音ガジェ

オーディオとディズニーが大好きな私の気ままなブログ♪

【レビュー】HUAWEI Mate 9 とiPhone7 Plusのカメラを比較してみた♪ 〜室内編〜

こんにちは! やねみわです♪

本日はHUAWI Mate 9とiPhone7 Plusの室内でのカメラ比較をしていきたいと思います♪

今回は室内でのテストです(*^^*)

f:id:miwa_support:20170424173425j:plain

 カメラ性能はスマホを選ぶ上で重要なポイントでありますし、両機種ともにもデュアルカメラ搭載ということもあり気になるところだと思います!

 

ではさっそく行きましょう(`・ω・´)ゞ

 

それぞれのデュアルカメラ について

 

まず、HUAWEI Mate 9のデュアルカメラは、背面にLeicaと共同開発した1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーのレンズになります。

HUAWEIのデュアルカメラのおもしろい所は、片方がモノクロカメラという点です♪

さらにMate 9ではモノクロレンズがHUAWEI P9の1200万画素から2000万画素に上がっております!

細部の表現が得意なモノクロセンサーの写真に、RGBセンサーの色情報を合成することで、通常のカメラよりも繊細な表現ができる仕組みとなっております。

また、Mate 9の目玉機能としてiPhoneでいうポートレートモードのワイドアパーチャ機能があります。

f:id:miwa_support:20170403152619j:plain

画面の左にある絞りマークを押すことによりワイドアパーチャが起動します。

 

f:id:miwa_support:20170403152929j:plain

起動させフォーカスを合わせたいものをタップすると、右のようなものが出てきます♪

この右のメーターはボケ感をF0.95からF16まで調整することが出来ます!しかも、ワイドアパーチャで撮った写真であれば後から自由に変更することができるのが嬉しいいですね(*^^*)

私はカメラも趣味ですがF0.95というレンズはなかなか手に入る物ではありませんし値段も...これが擬似的ではありますが体験できるというのはすごいです!

 

参考でラブライブ!サンシャイン Aqoursのよーちゃんと善子..いやヨハネを被写体にしたものを載せますね♪

フォーカスは手前のよーちゃんに合わせております。

f:id:miwa_support:20170403155932j:plain

F0.95

手前のよーちゃんの写りも良いですし、後ろにいるヨハネがかなりボケますね♪ 綺麗に撮れているかと思います!恐るべし!

 

f:id:miwa_support:20170403160443j:plain

F2.8

後ろのボケ感が若干薄くなりましたね♪

 

f:id:miwa_support:20170403160756j:plain

F16

ここまで上げるとだいぶ後ろのヨハネのボケが撮れましたね♪

外の人物撮影ですともう少しメリハリがつくと思いますので機会があるときに試してみますね (*^^*)

 

いかがでしょうか♪

f:id:miwa_support:20170403161704j:plain

F0.95 

一眼レフで撮ったようなボケ感をスマホで出せるのはすごいですよね♪

スマホのカメラでここまでの写真が撮れると考えるともはやカメラ機能はおまけではないですよね(^_^;)

技術の進歩ってすごい...

 

 

つづいてiPhone7 Plusのデュアルカメラは、 1200万画素の広角カメラと同じく1200万画素の望遠カメラとなっておりMate 9と仕組みが異なります。

 

また、iPhoneにもMate9のようにボケ感のある写真が撮れるポートレートモード(被写体深度エフェクト)という機能があります。

ポートレートで写真を撮影する際は、カメラをポートレートに切り替えて撮影します。

 

f:id:miwa_support:20170403170111p:plain

ですが、画面下部に「被写界深度エフェクト」と表示されていないとポートレートでの撮影ができません。撮りたい被写体と距離をとらないといけないのでMate 9と違って自由に撮れない点が残念です。

f:id:miwa_support:20170403170054p:plain

 

参考にポートレートで撮影した写真を載せますね(*^^*)

f:id:miwa_support:20170403170337j:plain

iPhone7 Plusの方もよくボケておりますね♪ 

写りに関しては遠目で見るとMate 9と変わりませんが寄るとノイズが若干ありますね。

iPhone7 Plusの望遠レンズ暗所では苦手なようなのでこれが原因かもしれません。

ですが、通常の撮影ですとMate 9に比べてiPhoneは暗い場所でも綺麗に撮影できる印象があります♪ 

 

撮影写真の比較♪

どちらもオートで撮影した写真をMate 9, iPhone7 Plusと交互に載せますね(*^^*)

(Mate 9のワイドアパーチャ、iPhone7 Plusのポートレートモードで撮影したものにはその旨を記載してあります。)

 

f:id:miwa_support:20170403171700j:plain

HUAWEI Mate 9

 

f:id:miwa_support:20170403171840j:plain

 iPhone7 Plus

 

f:id:miwa_support:20170403172030j:plain

HUAWEI Mate 9で右目にピントが合うギリギリまで寄ってみました♪

 

f:id:miwa_support:20170403172151j:plain

HUAWEI Mate 9で右目にピントが合うギリギリまで寄ってみました♪

 

f:id:miwa_support:20170403172340j:plain

HUAWEI Mate 9 ワイドアパーチャで撮影

ちなみにMate 9は左下のようなウォーターマークを自動で付けることが出来ます♪(撮影前に設定で有無を選べますが、撮影した後に消すことは出来ません。)

カメラに相当自信があるのを伺えますね(*^^*)

 

f:id:miwa_support:20170403172740j:plain

iPhone7 Plus ポートレートモード(被写体深度エフェクト)で撮影

 

f:id:miwa_support:20170403172909j:plain

HUAWEI Mate 9

 

f:id:miwa_support:20170403173019j:plain

iPhone7 Plus

 

まとめ

いかがでしたでしょうか♪

 

比較しといてあれですがどちらもよく撮れてますよね(^_^;)

写りに関しては甲乙つけがたいですが、明るいところ暗いところでも安定感のある撮影をしてくれるのはiPhoneかと思います。その点についてはディズニーへ行った際に比較写真を撮影してきますね(*^^*)

ですが標準カメラの機能性でいうとHUAWEI Mate 9にはPROモードといって一眼レフカメラのようにISO感度シャッタースピード、露出、AF-C(コンティニュアスAF)、AF-S(シングルAF)、MF(マニュアルフォーカス)、ホワイトバランスなど事細かく設定できるので、三脚を用いた夜空、星空の撮影なんかもできたりします♪

iPhoneでもアプリを使えばできます(私もPro Cameraというアプリを使っています。)が標準のカメラアプリでできるMate 9はその点において長けています!

f:id:miwa_support:20170403174358j:plain

 また、HUAWEI Mate 9の多数の撮影モードも魅力ですね♪

f:id:miwa_support:20170403175834p:plain

 

どちらの写真を比べてもスマホのカメラでここまで撮れるのは本当に素晴らしいことだと思います。毎日、持ち歩くものですから日常の一瞬を切り取れるのは以外にもこのスマホだったりします♪

 

本日はここまでになります!

少しでも参考になりましたら幸いです。

また、気になることや試してほしいことがありましたらぜひ気軽にコメント欄にお願いします(*^^*)

 

最後までお付き合いくださり誠にありがとうございます。

ではまた次の更新で(*´ω`*)