読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーディオとスマホ,ガジェットのブログ 〜音ガジェ〜

オーディオ全般、音楽情報、スマホ、ガジェットのレビューや私個人の写真日記など多岐にわたり気ままに更新していきます♪

Welcome to 音ガジェ

オーディオとディズニーが大好きな私の気ままなブログ♪

【記事紹介】Astell&Kern、“第3のライン” の新DAP「KANN」国内発表。AK380相当のアンプ内蔵

Astell&Kern、“第3のライン” の新DAP「KANN」国内発表。

 

www.phileweb.com

 

いよいよ国内でも発表されましたね(*^^*)

わくわく♪

 

アユートは本日、同社が取り扱うAstell&Kernの新製品発表会を開催。新たなハイレゾポータブルプレーヤー「KANN」を発表した。


「KANN」Astro Silver

「KANN」Eos Blue
 


本機は先行して米国で発表されていたが(関連ニュース)、日本国内でも発売がアナウンスされたかたち。カラーはAstro SilverとEos Blueの2色を用意。現時点で日本国内での販売価格および発売時期は未定となる。ただし発表会場では、Astro Silverが5月中旬、Eos Blueが6月に発売の見通しとコメント。グローバルでの販売価格は999ドルだが、国内では市場想定売価12万円前後になる見込みとも語られた。価格と発売時期は正式決定後改めてアナウンスされる。

Astell&Kernはこれまで、AK380やAK300などを含む「コアライン」、AK70を含む「カジュアルライン」の2ラインで製品を展開してきたが、このKANNは新しく立ち上げられた「パフォーマンスライン」に位置付けられる製品だ。


既存モデルとはイメージが大きく異なるデザイン
 


KANNのコンセプトは「機能性の拡充」で、AK380アンプ相当という強力なヘッドホンアンプの内蔵、SDカードスロットやUSB端子の拡充、ライン出力専用端子の搭載などを実現。一方でこれまで旗艦機AK380のみが対応していたDSDのネイティブ再生に対応するなど、DAPとしての基本機能も向上させている。ボディにはアルミ押し出し材を用いている。以下に詳細を説明する。


SDカードスロットやUSB端子の拡充、ライン出力専用端子の搭載などが図られた
 


DACは、旭化成エレクトロニクス(AKM)「AK4490」を1基搭載する。AK4490はAK380やAK300も採用しており、1基搭載という構成はAK300と同様。

一方、AK300がDSDはPCM変換再生、PCMもネイティブ再生が192kHz/24bitまでだったのに対して、KANNは最大11.2MHzのDSDおよび384kHz/32bitのPCMをネイティブ再生できる。

ヘッドホン出力端子は3.5mmアンバランスと2.5mmバランスの2端子を搭載。いずれも低インピーダンス設計となっており、3.5mm端子は0.65Ω、2.5mm端子は1.3Ω。

強力なヘッドホンアンプを内蔵したことも特徴。KANNのヘッドホンアンプはAK380用の外付けヘッドホンアンプ「AK380アンプ」に相当するものだという。具体的にはAK380アンプの最大出力が8.1V RMS(バランス)に対して、KANNの最大出力は7V RMSとなる。ゲイン切替機能も備えており、ノーマル/ハイを切り替えることも可能。ハイインピーダンスなヘッドホンも駆動できるとしている。

ヘッドホン出力とは別に、3.5mmと2.5mmのライン出力(ボリューム固定)も搭載。こちらはボリュームおよびヘッドホンアンプをバイパスしてのライン出力となる。こちらも3.5mmはアンバランス出力、2.5mmはバランス出力となる。3.5mm端子と2.5mm端子の両方を用いて接続する、XLRバランス出力用の専用ケーブルも使用することができる。

SDカードスロットは、フルサイズSDカード用とmicroSD用を独立して搭載。SDカードは512GBまで、microSDカードは256GBまで対応。内蔵メモリーは64GBを搭載する。

USB端子も、USB type C(充電/データ転送用)とUSB microB(USBオーディオ出力/USB-DAC入力用)の2系統を備えている。

6,200mAhの大容量バッテリーを内蔵したことも特徴(AK380のバッテリー容量は3,400mAh)。最大14時間の再生が行える。急速充電にも対応する。

ディスプレイは4インチ・タッチスクリーンで、解像度は800×400。物理ボタンはディスプレイ下に配置し、再生・曲送り・曲戻しに加えて、ホームボタン(〇ボタン)も物理ボタンとして搭載している。本体右側面に備えたジョグダイヤルが、ボリュームノブとなる。

GUI(操作画面)は従来のAK380などと共通だ。BluetoothはaptX HDに対応。外形寸法は71.23W×115.8H×25.6Dmm、質量は278.7g。

製品のさらなる詳細、および発表会の模様は追ってお伝えする。